2010年09月12日

ねこ

268 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/04/30(水) 05:49:20 ID:3h6hy6SM
うちと隣の家は外観と中の造りが全く同じ。
そのせいか、換気の為に窓開けてると、たまに隣の家の子猫(三毛)が間違って入ってくる。
この子猫は私や家族と出くわす事で「ここ自分家じゃない!」と気付くようなのだが、
気付いたら気付いたで、まるで私達に誘拐されたかのように
「にゃあああ!なあああ!うなああああー!」
と悲鳴の如く鳴き叫んであたふたする。
侵入したのは自分の癖に、被害者面をするな、猫よ。

この子猫は一度行方不明騒ぎを起こしていて、隣人が
「うちの猫来てませんか?!」 と家を訪ねてきた。
それでうちの家族も一緒に探した結果、
子猫はうちの外飼い犬の犬小屋の中で眠りこけていた所をつまみ出された。
小屋のど真ん中で毛布を占領して快適に寝る子猫のせいで、犬は仕方なく地べたに寝ていた。

そういえば、犬に餌やった後に様子見に行ったら、
この子猫が犬の横から顔突っ込んでガツガツ食ってた事もある。
(別に隣人が餌をあげてない訳ではない)
天真爛漫通り越して、かなり大物な奴だと思う。


591 :ななしのいるせいかつ:2008/06/13(金) 23:03:32
買い物行こうと道歩いてたら近所の家の前から
「うははーこうしてやる〜あはは〜〜〜」と楽しそうな声が。
チラッと声のする方向を見たら
お姉さんが地べたに寝っ転がって猫に添い寝してモフモフしてた。超笑顔で。
・・・そこ地面ですよ?いや、道路じゃないし貴女の家の敷地内だけど
誰にも迷惑かけてないけど、汚れちゃいますよ?
俺の視線に全く気付かず、お姉さんは猫と戯れまくり心底嬉しそうに
「気持ちいいですか?ここですか?」と猫をモミモミ。
「うちの子になりますか?なっちゃいますか?どうですか?」と猫に必死に語りかけてた。

たまにしか見かけないお姉さん。
キリッとした印象だったのに・・・そんなキャラだったんですか・・・。
俺も猫さん好きだが地べたで添い寝は無理だ・・・。

194 :水先案名無い人 :sage :2009/08/25(火) 12:42:44 ID:vE7YUD3KO
夜中に居間に行ったら一人言が聞こえてくる。誰かと思ったら姉が
ペットヒーターの上で寝てる飼い猫に話しかけてるんだけど、内容が尋常じゃない。

「焼き目がついたら裏返します」って言いながら猫をひっくり返したり、
「ここでワンポイントアドバイス。腹を揉み込むと味がまろやかに」
「おぉいい色に焼けてますね(茶トラだから)」
とか、延々やってる。
できあがったものがこちらに出てきて試食のあたりで、嫌気がさした猫が
逃げだすんだけど、その時姉と思いっきり目が合って気まずい。
っていうのをもう3、4回はやってる。


==============================================

ネタ整理第3弾。
ネタって生ものだよね。。ほとんどリンク切れしてた。。


それでは、今回はここで。
聞きたいことあってもなくても、メールやコメントお待ちしております。

次、会えるときまでお元気で!
posted by 隣の財務人 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違いメール

712 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2009/03/24(火) 00:41:22
なんかかーちゃんから間違いメール来たんだが・・・

3月24日 22:14
【題名】 Re:おやすみ○○(母の名前)
【本文】
私は昨日の残りの野菜炒め食べたよ。
□□(父の名前)さんが帰ってきたら一緒に牛タン食べましょうね。
こっちは今日暖かいから大丈夫ですよ。そっちこそ仙台はまだ寒いでしょ。暖房とか適宜調整して風邪ひかないで元気で帰ってきてね。
今日は寂しいから□□さんの枕で寝ます。借りますね。
おやすみなさい ○○

3月24日 22:15
【題名】無題
【本文】
間違いメールなので消しといて

3月24日 22:15
【題名】無題
【本文】
お父さん26日に出張から帰ってくるから

3月24日 22:16
【題名】無題
【本文】
牛タン食べたかったら帰ってきなさい。
最初のメールは消しといて

かーちゃんのテンパリ具合が手に取るように分かってワロタんだけど、
もうお互い60代なのにうちら夫婦よりラブラブで軽く欝な今日この頃('A`)

================================================
ネタの整理第2弾。

前から気づいてたSeesaaブログの欠点。
ジャンルを決めるのがものすごく面倒。
最近はすべて日記にしてます。mixiから見たらかわらないのかな?

今日はとことんネタ整理しよう。


それでは、今回はここで。
聞きたいことあってもなくても、メールやコメントお待ちしております。

次、会えるときまでお元気で!
posted by 隣の財務人 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの子はぼくの友達なんです。

804 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 17:31:22

あるベトナムの村に宣教師たちの運営する孤児院がありましたが、爆撃を受けてしまいました。
宣教師達と2人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。
重傷になったものたちの中でも8才の女の子は最も危ない状態でした。
無線で助けを求めると、しばらくしてアメリカ海軍の医者と看護婦が到着しました。
大量に出血したことにより危ない状態にあり、早く手当をしないと少女は命を落とすことになります。

輸血が必要でした。しかしどうやってそれを行うことができるというのでしょうか。
言葉が通じないため、ジェスチャーを使って子供達を集め、何がおきていたのかを説明し、
誰かが血液を提供することが必要であることを伝えようとしました。
沈黙の時間がしばらく続いた後、一本の細い腕が恐る恐るあがりました。


ヘングという名の少年でした。


急いで少年の準備をすると、苦しむ少女の隣に寝かせ、輸血ようの管をとりつけました。
少年は黙ったまま天井をじっと見つめていました。

しばらくすると、少年は自由になっている手で顔を覆うと、しゃくりあげるように泣いているのでした。
医師がどこか痛いのかと尋ねるとそうではないようでした。
しかし、しばらくするとまた、しゃくりあげ、今度は大粒の涙をこぼしていました。
医師は気になり、再び尋ねましたが、またもや彼は否定しました。
ときどきしゃくりあげていたのが、やがて静かに泣き出しました。


明らかに何かが間違っているようでした。


すると別の村からベトナム人の看護婦が現れました。
医師はその看護婦にヘングに何が起きたのか尋ねてくれるように頼みました。
すると少年の苦しそうな表情はゆるみ、しばらくすると彼の顔は再び平静を取り戻しました。
すると看護婦はアメリカ人の医師達に説明しました。
「彼はもう自分が死ぬのかと思っていたんです。あなた達が説明したことを理解しておらず、少女を助けるため、全ての血液を提供しなければいけないと思ったようです。」

すると医師はベトナム人看護婦の助けを借り、少年にきいてみました。
「そうであればどうしてあなたは血液を提供しようと決心したんですか。」

すると少年は単純に応えました。



「あの子はぼくの友達なんです。」



==============================================
以前、ブクマしていたページより。


おととい、昨日と自分より経験している人、自分より未来を見据えて行動している人に
会える機会がありました。

まだまだ自分の精進が足りません。

とりあえず、部屋の整理とか身の回りをすべて片付けていろいろと落ち着いて自分の将来を考えます。


それでは、今回はここで。
聞きたいことあってもなくても、メールやコメントお待ちしております。

次、会えるときまでお元気で!
posted by 隣の財務人 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

認知症の母親

5 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/07/04(金) 02:55:18.99 ID:0J3xzDO40

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。
その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。


最後の親孝行に片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、
2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、
母は 「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。
片桐被告が「すまんな」と謝ると、
母は 「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、
母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。


この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。
母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。


冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。
肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、
法廷は静まり返った。


============================================

高齢化していく日本で絶対に対面していかなければいけない介護。

一方で介護にかかわる人の低賃金問題。


需要は多いが、

介護そのものに対する嫌悪感(自分の親は子供が・・・って昔ほどないのか?)と

介護を支える人の労働条件をクリアしていかないと、ビジネスとして成り立っていかない。
(今はまだ介護を支える人がギリギリ確保できている?)


・・・まとまらない。ですが、今回はここで。
聞きたいことあってもなくても、メールやコメントお待ちしております。

次、会えるときまでお元気で!
posted by 隣の財務人 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

レ−シック2週間経過

もうね、しっかり見えます。
当初感じていた目の乾きも疲れもだいぶなくなってきました。

まだ、ハロー現象はあるけど、目がよくなるとこんなもんかぁと思っているので、
さほど不便にも感じないw
グレア現象は特にないです。
(強度の近視なので、もともとハロー現象はあったようなもんだったので。)

手術後1週間は、2種類の目薬を点眼してましたが、今も同じ。
ただ頻度は格段に減り、自分の目が疲れたタイミングでやっています。

少し心配してた目の炎症も1週間検診で確認したら、綺麗に収まっていており、
わざわざ目の写真まで取ってくれました。
プレゼントってもらったけど・・・

次は3ヶ月検診で、11月に確認です。

それでは、今回はここで。
聞きたいことあってもなくても、メールやコメントお待ちしております。

次、会えるときまでお元気で!
posted by 隣の財務人 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。