2008年08月21日

俺の口車

252 :素敵な旦那様 :2005/12/17(土) 20:32:56

小学校時代

髪をストレートにする秘訣は

熱いお湯に付けた後乾かさずに寝ることだ

と友人に教えた。

次の日獅子舞みたいな髪形の友人が登校して来た。

彼女は些細な嘘にもよくだまされてくれた。



中学時代

弁当のメニューではゆで卵が好きだという友人に

手軽にゆで卵を作る方法としてレンジでチンをすすめた。

次の日に鬼のような顔で叱られた。

実にイジり甲斐のある性格だった。



高校時代

何度も古文の活用変化の同じ場所でつまづく俺をみかねた彼女は

急に耳が悪くなった俺のために

教室内で何度も大声で「あなる」を連呼した。

テストは俺のほうが点数がよかった。

自分のことのように喜ぶ彼女に

今度は俺がアナルについて口頭で詳しく教授した。

しばらく口を利いてくれなくなったが。



今日

俺と住居、苗字を同じくすればいかに幸福になれるかについて

彼女に熱弁を振るった。

彼女は今回も俺の口車に乗ってくれた。


今、笑顔が直らない

================================

なんか幸せだな。


夢伝説
posted by 隣の財務人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104904224

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。