2007年11月25日

森のくまさんの真実

以前、軍曹さんと小職、そして小職の弟を交えて論議を交わしたことがある。


まずは、その歌詞をみると


ある日森の中 くまさんに 出会った

花咲く森の道 くまさんに 出会った

くまさんの 言うことにゃ お嬢さん おにげなさい

スタコラ サッササノサ スタコラ サッササノサ



ところが くまさんが あとから ついてくる

トコトコ トコトコと トコトコ トコトコと

お嬢さん お待ちなさい ちょっと 落とし物

白い貝がらの 小さな イヤリング



あら くまさん ありがとう お礼に うたいましょう


ラララ ララララ ラララ ララララ



最大の謎が平然と書かれているのである。



「くまさん」の不可解な行動である。


なぜ、「お逃げなさい」と言っておきながら、「ついてくる」のか。

落とし物を渡すために「ついてくる」というほど親切であるのなら、

なぜ「お逃げなさい」などと言うのか。




まったくをもって矛盾してる。



「動物だから仕方ないんじゃね?」という意見は意味をなさない。

じゃあ、なんでこの「くまさん」は人語を解すわけだ?

そのときは、「くまさん=人間?」までしかたどり着かなかったが、


その謎が今日、明らかになった!!


その謎の考察






この人、いい意味でバカだ。
posted by 隣の財務人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。