2007年12月08日

【独女通信】彼ナシ独女座談会(5)

【独女通信】彼ナシ独女座談会(5)

リンク先より抜粋。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
− かなりみなさん無茶苦茶言ってますけど・・・

  みなさんは結婚したいんですか?

一同「そりゃ、結婚したいですよ」

京子「精神的に安定したいじゃない。

   男性に稼いでもらって自分の好きなことをしたいしね。

   仕事をやりたいけど収入が低いから生活がしんどい。

   だからお金に余裕のある人で最低ラインをクリアしていれば、

   考えなくもないですね。」

− ダンナさまの稼ぎがよければ、自分は好きな勉強とかしたいですよね。

京子「そうそう。生活のためじゃなく、自分のための仕事がしたいん
   
   だよね。でも今の人に養ってやるーみたいな甲斐性のある人

   っていないと思う。」

康子「下に行けば行くほど金払いがみみっちい人は多いね」

京子「トイレに立ったときにさくっと会計を済ませて欲しいかな。

   あとで”おいくらでした?”って聞いたら”あ、いいよ”って

   さらっと言える人っていうのが理想。」

康子「自分の周りは若い人が多いの。

   でも時々伝票がない時があって、”おごりかな?”と思ったら”

   一人3000円ねー”とか言われてちゃんと徴収されちゃう。」

ともみ「そういや、最近おごられないね・・・

− 仕事のできる男性だったらお金も持っているんじゃないですか?

康子「そうかもしれない。私は研究職などのインテリが大好き。

   社会的な評価より私の評価で仕事ができる人で、

   金払いがスマートならアリだな」

京子「最低ランクを超えてれば、あとはフィーリングが大事。

   仕事はそりゃできたほうがいいけど。」

ともみ「できる、できないって判断が難しい。

    仕事はその人のどの部分評価されるかわからないんだよね。」

− そう言ってもみんな、仕事ができないと思ったら、

  切捨てたりしちゃうんじゃない?(笑)

一同「うわ、ヒドイ(爆笑)」

康子「自分より下の生き物には用はないです(笑)


===============================

正直な話、実際いるのか、こんな人ってのが感想でした。

いたらですが、それだけのことをしてもよい容姿とかじゃなければ、

友達にもなりたくない。



以下、2chで拾った声。


「親の金でもうしばらく働かずに遊んでいたいねw

 っていうニートとどう違うの?」

「そのうち選んでなんていられなくなると思うけど。」

「金に目がくらんでるやつって、女としての価値を磨こうとしない

 から料理が下手だったり言葉が汚かったりするんだよな。

 金持ってる男は料理教室通ってましたとかお琴を習っていました

 みたいな女に惹かれると思うが。」

「おごられないってもう、駄目って事だろ」

「むしろ割り勘提案するだけで好感度アップなのに

 なんでしないのかね」

「私を選ばない馬鹿男なんて、こっちから願い下げよ

 とでも思うんだろうよ<不可判定受けたら」
posted by 隣の財務人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。