2005年10月19日

ボールは友達。

助詞を間違えたら

(ボール「が」友達)作品の方向性がちがってくる

グラウンドが果てしなく広く、太陽がとてつもなく地球に接近していて

人類はサッカーどころではないのでは?と思ってしまう

某サッカー漫画の某少年(ま、彼はその後人間の友達を得たわけですが。)のチームメイト


ある少年を思い出しました。








そういえば、菓子パンが頭になっていて、

おなかがすいた人に自分の頭をちぎってあげるという

人間世界では「猟奇的な博愛」にしかならない

ようなちびっこのヒーローは、


        「愛と勇気だけが友達さ!」


と高らかに宣言していたような気が・・・。
posted by 隣の財務人 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | トラバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8347682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。