2011年04月19日

乙嫁語り

マンガです。

いまだ、2巻までしか出ていませんが、この世界観といい、絵柄といい、いちいちつぼに嵌るんです。
あとちょいとエロい観点からですが(男だからしょうがない!)
作者、森薫さんが書く女性って、ほどよいむっちり感、肉感があって好きです。

作画途中の様子が
ここにありますが、
本当に書き込みがすごい。
背景とかも自分でやっておられるようで、1話に2ヶ月かかるとのこと。
1冊6話だから、1冊1年。
2巻が出たのが2010年6月だから、次は2011年6月。
・・・久しぶりに立ち読みとかマンガ喫茶で済ませないマンガなんで大切に読んでいきたい。


================================================

気になったので、チョイ調べ。
「末子相続」

財産分与が容易なため、遊牧民社会では割とあったもの。
また、略奪してきた女性や妾との婚姻がよくある社会において、
第1子は女性の前の夫の子供である可能性が高いため、
その点からあえて長子を相続者にしないという考えもある。
(チンギスハーンは長子であるが、本人も含めて同胞が誰一人独立、成人しないうちに父が死んだため、
そのまま家を継いでいる。)

日本でも一部の漁村などでもあった。
理由としては、もともと土地などの財産がない&労働年齢になると漁にでていくため、
末子が継ぐことは家を守ることにおいて理があるからである。


posted by 隣の財務人 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ラストイニング

というマンガを大分にいたころの後輩に薦められて読んでいます。

あらすじはこんな感じ。


弱小高校野球部を再建させるべく、悪徳セールスマンから

監督に転身した“ポッポ”こと鳩ヶ谷圭輔。

1年後に甲子園出場できなければ廃部という状況下、

「さわやか・ひたむき・正々堂々」を廃した常識ハズレの

チームが始動する!!



後輩が言っていたように今までにない展開で引き込まれていきます。




まだまだ続いているようなので、

楽しみにしながら読んでいきたいと思います。



今日は3巻まで読み終わった!


posted by 隣の財務人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

通勤時間は読書時間

東京に来て、本を読む時間を通勤で確保できるようになりました。

毎日1時間半の往復で、何もしないってのはもったいないなぁと。


一応、DSも持っていってゲームもできるようにしてますけど、

この通勤時間でしか本を読まないことを考えると、

読書>ゲームとなるわけで。



で、その本の多くが図書館から借りています。

そうなると、時間制限もあるので、ますます読むようになって。

いい循環をしていると思います。




ただ、どの本を読んだかの管理をどうしようかと。




今までは、携帯とかデジカメとかで撮影したり、

ブログに書いたりしてましたが、どれも継続しない。。


そんなときにこんなソフトを発見しました。

まだ使いこなせていませんが、

Amazonから自動でデータ落としてくるのは非常にありがたい!

読んだ日も入力できるので記録にもなる。

オススメです。








ところで、ブログのプロフいじろうとしたら、

アクセスできないんだけど、どうしようかぁ・・・。

東京にきて、スーツ着まくりなんだけどなぁ(笑)
posted by 隣の財務人 at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

アガサ・クリスティー 満潮に乗って

久しぶりに使うんじゃなかろうか、このカテゴリ。


軍曹殿からお借りしててどのくらいたっただろう。。


遠距離の旅行のときに持参してちょくちょく読みました。



あらすじは、リンク先より。

大富豪ゴードン・クロードが戦時中に死亡し、莫大な財産は若き未亡人が相続した。

戦後、後ろ盾としてのゴードンを失った弁護士や医師らクロード家の人々は、

まとまった金の必要に迫られ窮地に立たされていた。


“あの未亡人さえいなければ”


一族の思いが憎しみへと変わった時…戦争が生んだ心の闇をポアロが暴く。





今までに何度か借りたポアロシリーズでも珍しいと思う一族にまつわる事を題材にしてます。


クリスティの小説は、謎解きより、その事件が起こるまでの経緯や人々の

心境の変化を楽しむものだと思います。



その点では今回も楽しめました。

時代背景が第一次世界大戦直後という歴史の勉強もできました。



が、終わり方が無理やりハッピーエンドのように感じたのが。。。

posted by 隣の財務人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。